獣医になってしまったブログ

獣医になってしまったブログ。あと他にも好きなこと書きます。

ネコが可愛すぎる!なんでこんなにかわいいの??

多くの人を魅了し続けるネコ。

なんでネコはかわいいのでしょうか。

 

ネコに興味がない

いやいやネコよりイヌでしょ

という人でも、

さりげなく寄り添い、甘えてくるネコをみているうちに

好きになってしまったという人も多いはず。

 

そんなネコの魅力について迫ってみました。

 

 

吸い込まれるような瞳

ネコの目は非常に特徴的ですよね。

大きくて丸い瞳。

興味のあるものが目の前にあると、

瞳孔が開いて黒目のまんまる具合が増します。

ずっと見ているとまるで吸い込まれてしまいそう。

人やイヌにはない神秘さがうかがえますね。

 

甘え上手・訴え上手

甘えたい時、

ご飯が欲しい時、

トイレをきれいにして欲しい時、

寝床を整えて欲しい時、

なにか自分の欲しいもの、したいことがあるときに

ネコたちはあの手この手を使って主張してきます。

 

ただ鳴くだけでなく、

目の前にやってきて見つめてきたり、

すりすりしてきたり、

体の上に乗ってきたり、

ネコによって様々。

 

意味もなく作業中のパソコンやノートの上に乗って

作業のじゃまをすることもしばしば。

 

「おまえじゃまだよ〜」

と言いながらも、

あなたの目は笑っているはず。

ネコもそんなあなたの感情を読み取って悪びれる様子がありません。

 

けどやりすぎて本気で怒ると、

しょんぼりしたり、逆に怒ってくる。

そこもまたかわいいんですけどね。

 

ツンとすることがある

さっきまで甘えていたのに、

こっちから積極的に絡みに行こうとすると

プイッとされてしまうことも多いです。

 

また、自分の欲求が満たされたら

もうお前に用はないと言わんばかりに

あしらわれてしまいます。

 

なついているくせに、

どこか思い通りに行かせてくれない。

 

そういうところが逆に人の心を

掴むのかもしれませんね。

 

おててが魅了的

全体的なフォルム、

ふさふさの毛、

ピョコっとした耳、

やわらかいからだ、

魅力的なパーツはたくさん備えているのですが、

中でもおててに魅了される人は多いのではないでしょうか。

 

そして、おててでもやっぱり肉球

たくさんの人が好きだからこそ、

ピンクがいいだの、黒がいいだの

一番いい柔らかさはこれくらいだの、

議論が展開されるのではないでしょうか。

 

人の気持ちがわかる

あんまりかしこいイメージがないかもしれませんが、

以外と人の気持ちに敏感に反応してくれます。

 

落ち込んでいるとき、

静かにそばにいてくれます。

自分自身のかわいさを分かってなのか、

かわいい瞳で見ながら励ましてくれます。

 

本当はただ自分本位で甘えているだけかもしれません。

けれども、そういうネコの行動に励まされて、

悲しい気持ちが和らぐのは事実です。

  

気ままに生きている 

基本的にネコは自分本位に生きています。

お腹が空いたら主張し、

満たされればお気に入りの場所で寝る。

遊んで欲しいときには遊べと言い、

飽きたらどこかに行ってしまう。

 

自分勝手なやつで、

イヌみたいに忠誠心を持つわけでもないし、

人では絶対できないような生き方を送っている。

そんな生き方にあこがれた人も多いのでは。

 

 

ネコは人を家畜化した

人間はさまざまな動物を家畜化してきました。

人の食料や生活用品、労働力として人に貢献するためです。

 

でもネコって何をしているのだろう。

 

たいして何もしないのに家畜化されている動物ってネコだけです。

 

けれども、長年人と一緒に暮らしてきた。

昔からかわいさで人を魅了し続けたことを考えると、

人がネコを家畜化したのではなく、

ネコが人を家畜化したのでしょうね。