獣医になってしまったブログ

獣医になってしまったブログ。あと他にも好きなこと書きます。

敷地の中に仔猫たちが!どうすればいいの??

家の前で何やら鳴き声が・・・

 

ミィミィミィ・・・・
 
まさかと思い、見てみるとそこには仔猫たちが。
 
うちでは飼うことは難しいんだけどな~
 
と思いながらもそのまま見捨てることも出来ずに、とりあえず保護しようかどうか迷ってしまう。
 
そんな経験があるという方はけっこういらっしゃるのではないでしょうか。
 
実際に猫がいると困ってしまいますよね。
何と言ったって彼らはかわいいですから。
じゃあそんなときにはどうすればいいのでしょうか。
 
家で飼えない、保護してくれるアテがないという前提でお話します。
 

捨て猫でないとき

捨て猫でないときというのは箱や袋に入れられてないときです。
単純に野良猫が子供を産んだという状況ですね。
 
この場合、高確率で親猫が近くにいるので確認しておきましょう。
 
そのまま放置していても、そのうちにどっか行ってしまうとは思います。
 
近くにいると気になるという方は、仔猫のいた場所を少し移動させてみてください。
くれぐれも、親猫が気付きそうな範囲で。
すると、異変を感じた親猫は他の場所に仔猫ごと移動させるはずです。
もとのいた場所を入れなくしたり、様子を変えたりするとより効果的かも知れませんね。
 

捨て猫であるとき

箱や袋に入っていれば捨て猫という扱いです。
周囲に親猫がいる可能性もかなり低いでしょう。
このときに重要なのは、仔猫たちが離乳しているかです。
それは歯が生えているかで判断します。
 

歯が生えている(離乳している)

離乳しているということは、ある程度固い餌を食べることが出来るので、自分たちでご飯を食べることが出来ます。
お腹が空いていれば、餌を求めてどこか行くはずです。
箱から出れないときは出してあげて、近くの車が来ないような安全な場所に離してやりましょう。
 
ここで心配が2つあると思います。
  • 子猫を離して家にいつかないか
  • 離した子猫は死んでしまわないか

 

子猫を離してしまってもいつく可能性は低いはずです。

こちら側からえさをあげない限り、何も利益がないところにずっとはいません。

 

また、死んでしまう可能性について は野良猫ですので何ともいえないのが正直なところです。

しかし、保護するアテのない子が行くところは保健所しかありません。

そこだとほとんど殺処分です。

そうなるよりかは、わずかな可能性にかけてでも、好きに生かせてあげるほうがいいかと思います。

 

歯が生えていないとき(離乳していない)

残念ですが、その子たちを救える術はほとんどないです。
離乳前に捨てられていると自力で生きるのはほぼ不可能です。
保健所に相談するのがいいかもしれません。
とは言っても、保健所で保護するわけではありません。
先ほども言いましたが、ほぼ必ず殺処分です。
残酷に聞こえますが、
誰も飼うことができない、自力で生きられない、
そのような子猫たちを救うことは難しいのです。
 
できることなら、発見した人に保護するアテだけでも見つけてほしいのですが、
たまたまそこにいただけで、発見者に責任はありません。
捨てた人が100パーセント悪いのです
 

中途半端なえさやりだけはしないで

敷地内で猫を見つけたとき、基本的には放置です。
ただ、かわいいからといって餌をあげることだけはやめてください。
すると、猫の栄養状態がよくなり、繁殖して不幸な猫が増えるかもしれません。
責任が持てないなら関わらない、これが鉄則です。