獣医になってしまったブログ

獣医になってしまったブログ。あと他にも好きなこと書きます。

良い動物病院とは?動物病院の選び方どうする!?

動物病院を選ぶときって、何を重視しているでしょうか。

 

たまたま近くにあったから。

料金が安いから。

評判がいいと聞いているから。

 

いろいろとあるでしょう。

 

しかし、本当にいい動物病院を選べていますか。

そして、いい病院を選ぶことも重要ですが、

自分にあった病院を選ぶことも重要です。

 

では動物病院はどうやって選ぶのがいいのでしょうか。

  

動物病院にも種類がある 

少し動物病院の内情を確認しておきましょう。

動物病院には専門や診れる動物の違いにもこんな違いがあります。

 

  • 予防接種や健康診断を主とする病院
  • 特定の分野だけ二次診療ができる病院
  • 総合的に二次診療ができる病院
  • 大学病院レベル

 

多くの病院が予防接種や健康診断を主とする病院特定の分野だけ二次診療ができる病院だと思います。

総合的に二次診療ができるとなると、かなり大きい病院のはずです。

 

ちなみにこれはどうやって見分けるかというと、HPが一つの手がかりになります。

スタッフ欄のところに、○○認定医取得、○○学会所属など記載があるはずです。

たとえばガンが得意だと腫瘍のことについて記載があるはずです。

何もないと、そういう実績がないのかもしれません。

もちろん書いてないだけの可能性もありますが・・・。

動物病院は広告が厳しく規制されているので、このような経験や資格でしか差別化を図れないのです。

 

ちなみになんで病院にこのような違いができるのでしょうか。

みなさんは、

動物病院の院長は経験豊富な獣医師である

 とおもっていませんか。

経験豊富というのは何かしらの専門医を持っているとか○○科に何年以上勤めたとかそういうことでしょうか。

 

結論から言うと、

獣医であれば誰でも病院は建てれます。

なので極端なことを言うと、

卒業1年目の新人でも病院を建てられるということです。

 

実際に卒業1年目でそんなことをする人は聞いたことはありませんが、

全く違う仕事をしていて、

貯めたお金をもとに開業しました

っていうのは中年以降の人で案外聞く話なんです。

 

なので予防接種だけしかしないような病院はこういうところが多いんですね。

 

良い動物病院とは

動物病院を選んでいくにしても、

良い動物病院の中から選ばなければ話になりません。

では何を持って良いとするかというと、こんなところでしょうか。 

  • 治療の説明がしっかりなされるか。
  • 治療の選択肢を用意してくれるか。
  • 費用の説明をしてくれるか。
  • 明細がしっかりしているか。
  • セカンドオピニオンを受け入れてくれるか。
  • 他の病院を紹介してくれるか。

これを満たした上で病院は選ぶものだと思います。

 

・治療の説明がしっかりなされるか

当たり前です。どのような処置を施すか素人に説明してくれなければ信用できません。

 

治療の選択肢を用意してくれるか

ちょっとした異常があったときも、徹底的に検査してほしいのか、とりあえず薬を投与して様子をみるのか選択肢があります。そういう選択肢を用意してくれるか、もしくは質問したときにしっかりリスク等を説明してくれるかが重要となります。

 

・費用の説明をしてくれるか

治療の選択肢の判断材料として、治療費は重要なファクターです。何も言わずに治療を進められて、高額な出費になると、治っても少しモヤモヤした気持ちになる人もいるはずです。

 

・明細がしっかりしているか

どの治療にどれだけお金がかかっているか知ることができるのは大切です。薬の単価についても書いてあるとなおいいかもしれません。

 

セカンドオピニオンを受け入れてくれるか

セカンドオピニオンを受け入れてくれない病院は何か隠し事でもあるのではないかと疑ってしまいます。

 

・他の病院を紹介してくれるか

どの病院でも分からない病気はあると思います。こういうときに専門のいる他の病院を紹介してくれるかが鍵になります。

これは病気になったときだけでなく、普段の会話からでも判断できます。

病気について質問したときに、

「この病気ならこの病院が得意ですよ」

と言ってくれれば安心ですね。

 

良い動物病院の中で選ぶ

ここから先は飼主の意向の問題です。

 

普段から厳しく健康をチェックしたい人

お金や移動が大変でも二次診療がしっかりできる病院に通えばいいのです。

 

普段はそこまで気を遣わなくてもいいやという人

予防接収とか普段の治療は近くの小さな病院でしてもらい、困ったら紹介してもらえばいいのです。

 

経済面や立地面、どこまでの医療を普段から提供したいかで上記の動物病院を使い分ければいいのです。

 

獣医師との相性も重要です。

 

普段の予防接種のときから飼い方に関する情報がほしい人

おしゃべりなサービス精神溢れるところに行けばいいし、

 

必要なことだけしてほしいのであれば、

説明だけしっかりしてくれるところに行けばいいのです。

 

ただ、トーク力と治療の能力は比例しないことは頭に入れておく必要があります。

トーク力が高いと飼主からの受けはいいですが、病院に都合のいいようにうまく丸めこめられる可能性もあります。

 

自分はこの病気を治してほしかったのか、緩和だけしてほしかったのかといった意見をしっかり持ち、それを伝えることで丸めこめられる可能性は回避できるでしょう。

 

最後に

良い動物病院にいくのは最低条件だと思います。

たくさん動物病院のある時代ですから、きっとまわりにあるはずです。

その中で、自分にあった病院を選びましょう。